読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般的に、小さなリンゴがペタニは、外観を変更する構成をバラ

一般的に、小さなリンゴがペタニは、外観を変更する構成をバラ、デザインのiPhone7はiPhone6sの均質化を変化させてもよいし、または変更することが別の何かをもたらすでしょう。指摘アナリスト郭明プールによると、iPhone7は比較的前の最薄iPhoneになることがあります。 iPhone7ルイヴィトンその最大の特徴は、ほとんど唯一の6.5ミリメートルに6mmの、特に薄く、iPod TouchiPadの空気、より薄い7.1ミリメートルに現在のiPhone 6iPhone6プラス6.9よりも、Appleは携帯電話の歴史の厚みが更新されます。ユーザーの追求の多くの設計美観のために、実際には均質の前の世代とiPhone6Sシリーズのデザインは、ファンの期待に達しなかったが、またiPhone7外観におけるAppleの大騒ぎの欠陥は、間違いなく賢明であろう。 iPhone7ケース ブランド また、AppleはiPhone7を集中したり、新しい材料用途をもたらす、新しい材料はサファイアガラスのディスプレイであってもよいです。一方で我々は、早けれサファイアガラスディスプレイとしてiPhone6リリースは大騒ぎとなっているが、Appleが採用されなかった、Appleのタイミングの問題や技術的な未熟さに基づいている、とサプライヤがGTアドバンスト・テクノロジーズに失敗したと噂されたことを知っていますサファイアガラスの指定された数を提供し、また品質にAppleの要件を満たしていませんでした。 シャネルiphone7ケース しかし、今、サファイアガラスのディスプレイが使用するようにスマートウォッチのAppleウォッチにされている、今後はスマートフォンにこの材料をご紹介しますすでに当然のことです。報告によると、アップルのサプライヤーフォックスコンは、GTアドバンスト・テクノロジーズに場所を取るために、台湾のサファイアガラス工場を建設するために$ 26億過ごすために計画しています。 アイフォン7シャネルサファイアガラスは、より多くのスタイルを強制的に、ゴリラ強化ガラスよりも耐久性があり、それは、iPhoneのハイエンドブランドの祝福のための明確であるが、Appleは厳密にすることを出荷数を確保するために、短時間でサファイアサプライヤー管理プロセスと品質基準をどのように制御しますか技術レベルは、GTアドバンスト・テクノロジーズで同様の悲劇を回避するために、主要な問題です。 同時に、現在の視点からすべてのニュースは、Appleの特許埋蔵とは、米国による。 シャネルiphone7ケース緊急モード "特許、アイトラッキング技術や耐水性、およびその他の関連特許を含め、iPhone7新機能の特許出願の埋蔵量のための投資を増加させました特許商標庁(USPTO)で開示された情報は、Appleが指紋を提出した指紋がすぐにでも、安全なそのプライベートなデータを確実にするために、「パニックモード」を有効化を通じてiPhone "緊急モード"特許は、脅かすの場合、iPhoneの所有者を可能にするアクティブ化あなたは自動的にユーザーのGPS位置を活性化し、発行されます。このモードでは、応答者は警察、消防士や医療関係者に連絡するように、緊急時対応に対応するためにiPhoneのカメラとマイク、映像と音声伝送を有効にするが操作可能なことができますどのようなパフォーマンスと有効性は、この機能は無味が、テロとの闘いになるだろうかどうかを判断しますのは、アップルの特許の埋蔵のセキュリティの面で機会のために考慮することができる、今の世界的な問題です。 グッチiPhone7ケース また、Appleとアイトラッキング技術に関連する特許を取得し、次世代製品iPhone7で使用される可能性があります。報告によると、「視線検出」技術を用いて、いわゆるアイトラッキング技術は、ユーザ・インターフェース、自動補正のポップアップ、アプリケーション通知を制御することができます。 エルメス iphone7ケース加えて、米国特許商標庁はまた、AppleiPhoneの防水および他のパフォーマンス関連の特許を発表し、Appleは特許文献に記さ液体がこれらの部分に入っている場合、それはオーディオモジュールにつながる可能性は動作しません、用語防水技術は、導電性要素は、スピーカやマイク孔ドレナージ機能から水を有効にする、防水電荷によって得られるようなものです。可能な将来iPhone7は、この防水技術を使用しています。 7Plusケースシャネル